海南航空について

ニュースセンター


Hainan Airlines is awarded 5-Star Rating for tenth consecutive year

Hainan Airlines is awarded the prestigious 5-Star Airline rating by UK-based international air transport rating organisation Skytrax for the tenth consecutive year.


Hainan Airlines has received the 5-Star Airline rating from SKYTRAX for the tenth consecutive year. Only 10 airlines currently hold the 5-Star Airline Rating and receiving this honor for ten consecutive years is a testament to the hard work and hospitality shown by Hainan Airlines staff on a daily basis.


“We were due to announce the 5-Star Rating for Hainan Airlines in July 2020, but due to COVID-19 this was put on hold for several months,” said Edward Plaisted of Skytrax. “Since the last awarding in June 2019, we were able to conduct a lot of international and domestic standards auditing of Hainan Airlines, through to February 2020. Despite the difficulties faced by the HNA Group at the start of 2020, we are delighted to note that Hainan Airlines has managed to maintain its high quality levels across both the product and service delivered, and remains intent to provide 5-Star standards to its customers. We expect to conduct COVID-19 Airline Safety evaluation of Hainan Airlines in the coming months, and naturally hope that this can also deliver to a 5-Star level”.


Mr Xu Jun, Chairman of Hainan Airlines said: “The year of 2020 is extraordinary to the aviation industry all around the world, and it also brings great challenges to Hainan Airlines. Since the outbreak of COVID-19, Hainan Airlines has implemented measurements of control and prevention to make sure the safety of passengers and crews. Hainan Airlines has also worked on protection supply transportation and chartered flights of medical team. Hainan Airlines focuses on the passenger experience and spares no efforts to build the flagship home base at new Terminal 2 of Haikou Meilan International Airport, integrating Hainan FTP features into the airline products. Hainan Airlines will present all kinds of passengers-oriented service products to improve service quality and brand reputation, and all staff of Hainan Airlines stand fast and remain at their post responsibly with dedication, serving passengers warm-heartedly. Hainan Airlines is confident to the recovery and resumption of the aviation industry.”


This a picture

Whilst international flights are still impacted according to the prevention and control measurements of China, the domestic market has remained busy and during the recent October 2020 National Day “Golden Week” in China, Hainan Airlines was expecting to perform more than 5,600 flights and carry nearly 1 million passengers.

This a picture

Hainan Airlines cabin service during COVID-19

New HNA Club lounges have been opened at Shenzhen Bao’an International Airport and most recently at Guangzhou Baiyun Airport, and Hainan Airlines will launch a new HNA Club when the flagship, new Terminal 2 at Haikou Meilan Airport opens later in 2020.

This a picture

New HNA Club Guangzhou Airport is opened

This a picture

New HNA Club Shenzhen Airport is opened

In May 2020, domestic and international operations at Beijing Capital Airport were consolidated into Terminal 2, and once international flights are resumed in a meaningful way this will provide a more seamless and quicker transfer process for customer.

This a picture

Hainan Airlines domestic check-in service in 2020

In July 2020, Hainan Airlines resumed the service of hot meals on domestic flights and was the first to re-introduce hot meals in economy class. This was followed in September by the introduction of Hainan flavours in economy class hot dishes.

This a picture

New Hainan flavours in economy class

This a picture

New Hainan flavours in economy class

This a picture

New Hainan flavours in economy class


Hainan Airlines Awarded the SKYTRAX 5-Star Airline Designation for the 9th Consecutive Year

On June 18, Paris local time, international air transport rating organization SKYTRAX announced the winners of the 2019 SKYTRAX World Airline Awards. Hainan Airlines was named a SKYTRAX 5-star airline for the 9th consecutive year and ranked 7 among the Top 10 SKYTRAX carriers. It also received top position in Best Business Class Comfort Amenities, Best Airlines in China and Best Airline Staff in China categories.

SKYTRAX president Edward Plaisted presented the SKYTRAX 5-Star Airline award to Chairman of HNA Group Chen Feng at the award ceremony. Mr. Plaisted commented, "It is the 9th time Hainan Airlines has been honored as a SKYTRAX five-star airline in 2019. Over the last 9 years, the carrier has continued to deliver innovations and breakthroughs in quality. By combining traditional Chinese influences with internationally-trendsetting designs, Hainan Airlines continues to position itself as a distinctly Eastern inspired leading global airline."

Chairman of HNA Group Chen Feng received the SKYTRAX 5-Star Airline Award at the award ceremony

Chairman of HNA Group Chen Feng received the SKYTRAX 5-Star Airline Award at the award ceremony

While accepting the award, Mr. Chen stated, "We are honored to receive the continued recognition from Chinese and international passengers as a recipient of the 2019 SKYTRAX World Airline Awards. It wouldn't be possible without the long-term trust and support of our passengers. We also dedicate this award to our global staff, who helped transform Hainan Airlines into an outstanding global aviation group through their unparalleled creativity."

Over the past year Hainan Airlines has upgraded its products and optimized its services with the aim of creating an unparalleled air travel experience. The company partnered with renowned design firm PriestmanGoode to create the new “Dream Feather” visual design. The British firm’s three-year project revolutionized passengers’ flight experience from check-in to touchdown. Hainan Airlines' 787-9 Dreamliner with "Dream Feather" interiors were rolled out with the launch of the new Premium Economy class, providing a new option to international travelers.

As a customer feedback focused operator, Hainan Airlines responded to its passengers and upgraded its specialty Care More programs, designed to bring extra attention to the special needs of children, pregnant mothers, and senior citizen passengers onboard.

Hainan Airlines’ Hai Chef culinary services were also enhanced. It stepped up collaborations with R&D directors at leading international restaurants, famous chefs from Michelin-rated restaurants, and five-star hotels to provide passengers with authentic Chinese and Western delicacies at 30,000 feet.

Hainan Airlines has launched more than 2,000 domestic and international routes covering Asia, Europe, North America and Oceania, serving 63 cities outside of its home market in China. Since its maiden flight in 1993, Hainan Airlines has not had a major accident in its 27 years of operation, having logged over 8 million hours of safe flights. Looking forward, Hainan Airlines plans to further harness its global mindset to upgrade its full suite of products and services, aiming to delivering an unparalleled flying experience to travelers from all over the world.


海南航空が2018年スカイトラックス社の世界航空賞の複数の部門で栄冠に輝く

2018年7月17日(ロンドン時間)、航空関連の調査会社として世界的権威であるスカイトラックス社が2018年の世界航空大賞を発表しました。海南航空控股股份有限公司(以下「海南航空」)は、熾烈な競争をくりひろげる世界中の335社の航空会社から一歩抜け出し「世界で最も素晴らしいビジネスクラスアメニティ」、「中国で最も素晴らしい航空会社」と「中国で最も素晴らしい航空会社スタッフ」の3つの部門で大賞に選ばれました。2017年に初めてスカイトラックス社の「世界の航空会社トップ10」にランクインした後、今年は8位を獲得し、中国本土をベースとする航空会社として初めて2年連続でこの栄誉に輝きました。

スカイトラックス社は航空会社と飛行場サービスの調査やコンサルティングで世界的に有名な企業で、毎年定期的に世界中の航空会社と空港のランキングを発表しており、業界や旅客から高く評価されています。スカイトラックス社の「世界の航空会社トップ10」ランキングは、100ヵ国以上の2,445万人の旅客の投票で選出されました。このランキングは、機材やサービス、機内エンターテイメント、機内食など、さまざまな側面に対する旅客の評価を総合的に分析し、最終的に格付けしたもので、世界の航空業界における「オスカー」として広く知られています。

授賞式では、スカイトラックス社CEOのエドワード・プレイステッド氏が、海航グループ董事局董事長の陳峰に表彰メダルを贈呈し、次のように述べました。「海南航空は世界で最も成長著しい航空会社の1つです。今回、海南航空は8回連続で当社の『5スターエアライン』に輝き、『世界の航空会社トップ10』では8位に順位を上げました。これは海南航空の航空業務のクオリティの高さを示す何よりの証拠です。海南航空は航空サービス分野で国際的なリーダーの地位に登りつめただけではありません。その総合的なブランド力は、世界中のお客様に認められるほどに高まっているのです」。

海航グループ董事局董事長の陳峰は、授賞式の席上で、「スカイトラックス社に選ばれることは、世界中の航空会社にとってサービス分野における最高の名誉です。海南航空の心のこもったサービスが、その栄誉を手にできた根本的な要因です。海南航空は設立当初より、『店小二』(細やかなサービス)の精神にのっとり、『真心をこめたサービス』と優しい笑顔で世界中のお客様に接してきたことで、世界で最も愛される航空会社として、ワールドクラスの中華民族ブランドを構築できたのです」と述べました。

国際化を進める航空会社として、海南航空は一貫してたゆまぬ創意工夫の精神でワールドクラスのブランドを構築してきました。中国の民間航空らしい「真心のサービス」を実践し、世界中のお客様の期待を上回るフライト体験を提供するためにエコ、安全、スマートなど各方面でサービスの刷新やサービス品質の向上を推進し続けています。海南航空は今後もボーイング787-9やエアバスA330などのワイドボディ機の導入を進めていきます。また、機内設備の全面的なアップグレード、ビジネスクラスへの逆ヘリンボーンシートの導入、地上と機上を結ぶ「海品空厨」(HaiChef)シリーズの特色あるメニューの開発も進めています。さらに、「海享好夢」(HaiDream)シリーズの高級アメニティ、ソフィテルと共同設計した「夢之羽」(DreamFeather)シリーズの寝具、クラランスとサムソナイトが協力した最新洗面用品もリリースしました。空港サービス施設を全面リニューアルし、HNA CLUB空港ラウンジを開設してグレードアップした5つ星のターミナル体験を提供します。北京空港と西安空港の「海翼堂」国際線プレミアムラウンジや、西安空港と杭州空港の「海翼軒」国内線プレミアムラウンジの供用も開始しました。加えて、特別なニーズをお持ちのお客様に配慮したバリアフリーサービスのCare Moreの拡充や、機内でのポータブル電子機器(PED)の使用や客室内へのペットの持ち込みの許可など、お客様のフライトをより快適なものにするための取り組みを進めています。

順調に進むブランド国際化を背景に、海南航空は国際線ネットワークのさらなる充実に力を注いでいます。「一帯一路」の建設に積極的かつ主体的に参与して、シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロードの「空のハブ」を担うフライトキャリアになることを目指します。「一帯一路」沿いの諸国や関連する地域をつなぐ、100以上の国際航路の就航を予定しています。2018年上半期には、海口 - シドニー線、深セン - ブリュッセル線、深セン - マドリード線、長沙 - ロンドン線、深セン - 天津 - バンクーバー線などの長距離国際線を相次いで就航させ、下半期にはさらに、広州 - テルアビブ線、深セン - チューリッヒ線、深セン - ウィーン線などの長距離国際線を就航する予定です。

海南航空の成長実績について話が及んだ際、陳峰は次のように述べています。「海南航空は400機あまりの航空機を運用し、毎年1億人以上のお客様にご利用いただいています。海南航空がこのような実績を達成できたことについて、まずは今という時代に感謝を申し上げたいと思います。中国の改革開放という偉大な時代が海南航空を産み、海南経済特区の繁栄が海南航空を育て、全従業員の努力が今の海南航空を形作っています。党中央指導部、国務院の正確な指導と、我が国の社会主義制度のもとで、海南航空をよりすばらしい企業にしていく所存です」。

2018年は改革開放40周年であるのと同時に、海南省と海南経済特区の誕生30周年でもあります。この1年で就航25周年記念を迎える海南航空は、グローバルな路線ネットワークのさらなる充実と、国際的ブランドとしての飛躍的発展を目指します。先日、海南省委員会常務委員会にして常務副省長の毛超峰は、調査チームを率いて海航グループを訪問した際に次のように指摘しています。「海南航空は航空会社として起業し、そのサービスと安全性は誰もが絶賛しています。今後も航空業をおおいに発展させて『百年の老舗』となり、その『信頼のブランド』に磨きをかけていただきたいと思います」。このような背景のもと、海南航空は引き続き国際線の相互接続を通じて「一帯一路」の空の架け橋を構築してまいります。また、今後もサービスと機材の品質向上に努め、5つ星のフライト体験をより良いものにし、海南自由貿易区(港)の建設と民間航空強国の実現に貢献し、幅広い人びとの快適な旅行に対するニーズに応えていきたいと考えています。

受賞の写真

写真1:海航グループ董事局董事長の陳峰がスカイトラックス社CEOのエドワード・プレイステッド氏からスカイトラックス社「5スターエアライン」大賞を受け取る

海南航空栄光の瞬間の写真

写真2:海航グループ董事局董事長の陳峰、スカイトラックス社CEOのエドワード・プレイステッド氏、新しい制服を着た海南航空のクルーが並んだ栄光の瞬間

受賞の写真

写真3:海航グループ董事局董事長の陳峰、海航グループ董事局董事、海航航空旅遊集団有限公司董事長兼CEOの趙権、海南航空控股股份有限公司董事長の包启発が顔を揃えた授賞式の栄光の瞬間


7月4日(パリ時間)、パリのイインターコンチネンタル・ル・グランで世界的に有名なデザイナーのローレンス・シューの2017年秋冬オートクチュールコレクションが開催され、海南航空の5代目となる新しい制服がランウェイでお披露目されました。新しい制服は、伝統的な東洋風のモチーフと西洋風のシルエットが融合し、東洋の美というブランドイメージを打ち出しつつも、フレッシュな活気とトレンドを感じさせるものになりました。海南航空は常に革新的な試みを行っています。ローレンス・シューとのクロスオーバーコラボレーションにより、民間航空会社の制服としては初めて、世界最高峰のクチュールウィークで紹介されました。これにより、民間航空会社とファッション界が業界の垣根を超えて手を結び、国際的なモードをリードする新しい時代が幕を開けました。


ファッション界のトップイベントとして、パリのクチュールウィークは非常に敷居の高い舞台です。フランスでは、厳しい条件をクリアしてフランス工業省の審査に合格しなければ、クチュールを名乗れません。それゆえ、オートクチュールウィークに参加する資格があるのは、ほんのひと握りのブランドに過ぎません。毎年パリで行われるクチュールウィーク最大のハイライトは、そういったブランドの趣向を凝らした作品と、Chanel、Dior、Armani、Valentino、Elie Saabといった国際的トップブランドの創意あふれるファッションショーです。


ローレンス・シューは、フランスでカスタムメイドの高級ファッションを発表する資格を持つ唯一の中国人デザイナーです。その作品の最大の特徴は「中国と西洋の融合」、つまり西洋風のシルエットを採用しながら、デザインコンセプトは古典的、東洋的な情緒を感じさせるものであることです。2013年には、フランスファッション協会の招待を受け、中国人デザイナーとして初めてパリのオートクチュールウィークに登壇し、その精巧緻密な「金雲錦」はこの年の世界で最も豪華な衣装15選に選ばれました。「パリのクチュールウィークに参加するためには、パリ春夏/秋冬コレクションとは異なる品格が必要とされます。私は芸術家出身ですが、これはすべてのデザイナーにとっての夢です。フランス人は100年にわたって各民族のファッションをリードしてきましたが、私たちには長袍馬褂(中華の伝統服)があり、これで世界中の注目を集めることができます」とローレンス・シューは述べています。


海南航空ブランドディレクターの徐飛は、クチュールショーの舞台で、誇らしげに次のように語っています。「海南航空とローレンス・シューのクロスオーバーコラボレーションは、ファッションをリードしているというよりも、ファッションの未来を示しています。私たちはただ制服を1着作っただけではなく、国際化する海南航空というブランドイメージを対外的にアピールしたのです。特に、国際線のお客様におしゃれな中国、モダンな中国、本当の中国を感じていただきたいと思います」。


海南航空の新しい制服の最大の特長は、中国の伝統的な要素と世界的なモードの融合です。中国の国民服であるチャイナドレスをベースにし、首まわりは「祥雲満天」(満天の吉祥雲)、裾は「江涯海水」(打ち寄せる海水)という「彩雲満天」をテーマに、雲海の間を飛び回るようなイメージで、海南航空独自の東方の美を表現しました。袖口には七分丈を採用して、すっきりとした見た目で客室乗務員の優秀さを視覚的に表現しています。エプロンは、見た目の美しさと機能性を兼ね備えた、チューリップ型の裾を持つワンピースのようなデザインになっています。また、トレンドに合わせて西洋風の立体裁断を採用し、国際的な品質とセンスを表現しつつ、きめ細かさとプロフェッショナリズムを印象づけています。このように国際的なファッションのトレンドに中国の伝統的な要素を加えて昇華させることで、中国的な要素と東方の美が、はるか遠いファッションの都パリの薫りを届けてくれるのです。5代目の新しい制服は、これまでの4代の制服が受け継いできた基本的な要素を継承し、それを改良したものでもあります。これは歴代の制服に敬意を払うためでもあり、また、海南航空の歴史を継承するためでもあります。


海南航空は、有名ファッションデザイナーのローレンス・シューと業界の垣根を超えて協力して新しい制服を作成し、パリのクチュールコレクションでお披露目しました。これは単にファッションと航空サービスの融合というだけにとどまらず、旅行業界とファッション業界によるクロスオーバーコラボレーションが初めて成功した事例であるのと同時に、海南航空の創意工夫の精神を体現する出来事でもありました。このたびの海南航空のブランドデザインとスタイルに表現された文化的要素は、国内外の多くのお客様に「東方の美」というブランドイメージを定着させるものであり、海南航空のきめ細かな客室サービスに加えて、見た目にも楽しいファッショナブルな体験を提供するものでもあります。今回のクロスオーバーコラボレーションは、海南航空が行った初めてのコラボレーションではありません。海南航空はこれまでも一貫して、お客様に心の底からご満足いただくため、さまざまな業界の専門家と積極的に協力して、革新的なコラボレーションによりお客様に嬉しい驚きを提供してきました。例えば2016年には、世界的なピアニストのラン・ランとのクロスオーバーコラボレーションにより「空中音楽会」を開催し、上空1万メートルという、またとない環境でのコンサートを楽しんでいただきました。また、有名なデザイナーの梁景華氏とのクロスオーバーコラボレーションでは、海翼堂ラウンジを製作しました。快適な環境とさまざまな機能を備えたこのラウンジは、お客様に家庭的な温もりを提供するだけでなく、お客様の待ち時間をよりリくつろげる、楽しく快適なものにするのに役立っています。このようなクリエイティビティを追求する精神、より良い創意工夫を求める向上心、お客様至上主義のサービス精神に基づいて、海南航空は24年間にわたって一貫して着実に自社の機材とサービスの向上に努め、さらなる高みを目指してきました。


このたび海南航空がパリのオートクチュールのランウェイで5代目の制服をお披露目して注目を浴びたことで、海南航空は国際ファッションウィークに登場した初めての中国系民間航空会社になっただけでなく、世界に向けて中国民間航空会社の新しいイメージ、中国のサービス、中国の美を発信することができました。新進気鋭の民間航空会社として誕生した海南航空ですが、その後24年の歳月が流れ、7回連続でスカイトラック社の「5スターエアライン」に選出されるまでになりました。そしてついに、初めて世界の航空会社ランキングでトップ10入りすることができました。24年間の地道な努力の積み重ねは、天と地ほどの差を生みました。その結果、欧米諸国が改めて中国系民間航空会社が持つ、独特の魅力に気づくこととなったのです。



海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服

海南航空の5代目の制服


2017年6月26日夜(パリ時間)、海航グループはパリのプティ・パレでチャリティイベントを開催しました。招待を受けて出席した、航空会社と空港サービス調査機関の世界的権威であるスカイトラックス社CEOのエドワード・プレイステッド氏は、その席上で海南航空がスカイトラックス社の「世界の航空会社ランキング」でトップ10入りしたことを発表しました。この励みとなるニュースは、海南航空ブランドのグローバル化が高いレベルに到達したことの何よりの証拠であるだけでなく、24歳の誕生日を迎えたばかりの海南航空にとって、何よりも嬉しい誕生日プレゼントになりました。

「世界の航空会社トップ10」は、スカイトラックス社が世界中の旅客の評価を調査して総合的に分析し、決定するランキングで、世界の航空会社に関する最大規模の顧客満足度調査です。機材やサービス、機内エンターテイメント、機内食など、さまざまな角度から総合的に分析された結果は、世界の航空業界における「オスカー」として広く認められており、世界で最も高い権威と知名度を持つランキングです。エミレーツ航空、カタール航空、シンガポール航空など、世界の有名な航空会社は、軒並み何度も「世界の航空会社トップ10」にランクインしています。


海南航空の24年にわたる成果の積み重ねとグローバル化の遺伝子が世界トップクラスの航空ブランドの礎を築く


海南航空は誕生当初からグローバル・ブランドの遺伝子を取り込み、各分野の優れた国際航空会社と業界の国際基準のベンチマークを通じて自社ブランドの国際的な発展を実現してきました。海南航空が航空会社の世界的ブランドになれたのは何も偶然ではなく、ブランド自身の積極的な改善努力、革新を追求する志の高さ、普遍的な価値の追求がもたらした、必然的な結果でした。これらが一体になって、海南航空は優れた国際航空会社として成功できたのです。

海口 - 北京線から始まった海南航空は、その後24年という歳月をかけて、今では世界中に1,000路線のネットワークを展開するまでになりました。海南島を拠点とする小規模航空運輸企業として誕生した海南航空は、4つの海と5つの大陸を股にかける現代的な多角的サービス運営業者に発展しました。新進気鋭の新しい民間航空企業が、7回連続でスカイトラックス社の「5スターエアライン」の称号を獲得するまでになり、このたび初めて「世界の航空会社ランキング」でトップ10入りの名誉を手にしたのです。

国際航空会社の競争がますます激しさを増す中、海南航空は明確なビジョンに基づいて歩みを進め、人びとが驚くようなスピードで発展し、ユニークなグローバル・ブランド戦略を大胆に展開して着実な成功を収めています。

2015年に中国政府が「一帯一路」戦略を発表すると、海南航空は空のネットワークを構築すべく、相次いで29路線の「一帯一路」国際路線を就航させました。ともに話し合い、ともに建設し、ともに分かち合うという「一帯一路」の原則にのっとり、海南航空は「東洋のおもてなし」という独自のアプローチでビジネスチャンスをものにして、「一帯一路」をつなぐ拠点と空中回廊を構築し、「一帯一路」戦略を軸にサービスの改善を進め、「一帯一路」の立ち上げという歴史的使命を果たしています。

お客様の本当のニーズに応えることから始まり、海南航空はさまざまな困難を克服しつつ、国際舞台で自社ブランドのユニークな魅力をアピールし、「東洋のおもてなし」というサービス理念を世界に広めています。

加速するグローバル化のペースと増え続ける国際路線に伴い、海南航空は東西の航空サービス文化の違いに対応するだけでなく、グローバル化にふさわしいビジョンと優れた能力を備えた人材を確保する必要に迫られています。現在、海南航空には韓国、マレーシア、イタリア、ロシア、日本、フランス、カナダなど28の国や地域の出身者で構成される、320人あまりの国際乗務員チームがあります。海南航空には、2017年7月から8月にかけて、フランスやスペインなどで外国籍の乗務員を募集する計画があります。多様な文化的背景、能力、素質を備える優れた乗務員チームを結成し、世界中のお客様にいっそう心のこもった、きめ細かなサービスを提供していきたいと考えています。


「スカイトラックス社認定5スターエアライン」を7回連続獲得 - 機材とブランドのグレードアップ


2011年に初めて獲得して以来、海南航空は7回連続で「スカイトラック社認定5スターエアライン」の称号を獲得し、中国を代表する航空会社となっています。これは国際航空会社が熾烈な競争をくりひろげる中で、実力の裏付けがなければ不可能なことです。

国際化戦略の構想に基づいて、海南航空は常に自社のコアコンピタンスの確保に努めています。現在すでに米中路線に最も多くの787ファミリーを就航させている航空会社である海南航空は、国内線で国内各地を結び、国際線は「経済グローバル化戦略」の進出経路に沿って4大陸に路線を展開するという独自のグローバル路線ネットワークを構築しています。

航空保安を大前提として、海南航空はお客様にできるだけ上質なフライト体験を提供することに力を注いでいます。逆ヘリンボーンシートを全面的に採用した新しい787-9機、フライト中の上空と地上のコネクティビティの実現、ビジネスクラスの全面リニューアルなどハード面でのサービス改善だけでなく、海南航空はミシュラン星クラスのシェフと提携して専用の「雲端天厨」(空飛ぶレストラン)特別メニューを開発して、お客様に舌でもフライトを楽しんでいただこうと考えています。空港サービスについては、海南航空は香港の有名なデザイナーの梁景華氏を招いて、自然の美しさをたたえた「海翼堂」国際プレミアムラウンジを製作しました。独自の清潔感あふれるデザインにより、海南航空のサービスに対するあくなき探究心を地上でも感じていただけます。

細部まで手を抜かず、安全性とサービス品質の向上へのたゆまぬ努力を重ねてきたからこそ、海南航空は24年間という短い期間で世界トップクラスの航空ブランドになれたのです。


実力も見た目も重要 - ローレンス・シューとのクロスオーバーコラボレーションで制服をリニューアル


絶え間ない革新と努力により、海南航空はブランドの実力向上に力を注いでいますが、その一方で、お客様の目を楽しませることも忘れてはいません。

ドリームワークスとのクロスオーバーコラボレーションによる「ドリームシリーズ」の『カンフー・パンダ』ジェットでは、無数の特別塗装が機体を飾りました。独創的な「海翼堂」ラウンジは、喧騒の中にある桃源郷のような居心地の良さで、いつまでもいたいと思うほどです。このような「贅沢な」体験を、海南航空のサービス理念が「あたりまえ」のことにします。

2010年、海南航空の4代目の制服は正月映画『狙った恋の落とし方』でスー・チーが着用するかたちで初披露されました。「インターナショナルグレー」のイメージで注目を集めることに成功し、海南航空ブランドの視覚的デザインのグローバル化路線が始まりました。今日でも海南航空は、有名な国際的オートクチュールデザイナーのローレンス・シューとのクロスオーバーコラボレーションにより5代目の制服をデザインし、パリのオートクチュールショーでお披露目し、国際的なファッションショーに登場した初めての中国系航空会社になりました。

このたび海南航空は中国本土の航空会社としては初めて、「世界の航空会社ランキング」でトップ10入りしました。これまでの海南航空の努力が認められた成果であるだけでなく、今後に向かっての刺激や励みになる出来事でもありました。今年24歳になった海南航空ですが、いつまでも初心を忘れず、地上から空の上まで安心して利用できるサービスの品質向上に努め、お客様に極上のフライト体験を提供していきます。一帯一路戦略を追い風にし、ブランドのグローバル化路線をさらに押し進め、ワールドクラスの優れた航空ブランドを確立するのが目標です。



海南航空が世界の航空会社ランキングでトップ10入り

 

海南航空が世界の航空会社ランキングでトップ10入り


2016年2月24日:現地時間2月24日夜、海南航空とアラスカ航空は、北京の正乙祠戲楼でマイレージプログラムでの両社の提携が実現したことを祝う祝賀会を開催しました。米国駐中大使館員のトーマス・J・レイビー氏、海南航空副総裁の裁侯偉、アラスカ航空マーケティング部門ディレクターのマーク・ボッチ氏、および米国商工会議所、ボーイングコマーシャルエアラインズ社、マイクロソフト社などから100人を超える政財界の要人が出席しました。

海南航空とアラスカ航空は、双方ともにこのマイレージプログラム提携を重視していて、提携は順調に進んでいます。2015年7月からポイントの相互加算が実現した後も、2016年3月1日以降、両社はポイントと特典無料航空券の相互交換や、VIP会員特典の相互利用など、徐々に提携を拡大していきます。海南航空のマイレージ会員は金鵬(Fortune Wings)ポイントを無料でアラスカ航空の航空券と交換できるだけでなく、VIP会員はアラスカ航空搭乗時もVIPラウンジの利用、優先チェックイン、無料手荷物許容量の追加、優先搭乗などのVIPサービスを受けることができます。

海南航空副総裁の侯偉は、「海南航空が2008年に初めての北米直行路線となる北京 - シアトル線を就航させて以来、アラスカ航空は当社にとって北米市場で最も重要な提携相手であり続けています。過去7年の提携により両社が共同運航便で輸送したお客様は、20万人を超えます。海南航空とアラスカ航空の戦略的提携により、より多くのお客様と会員の皆様に、より幅広い航空ネットワークの選択肢と会員特典をご利用いただけるようになるものと期待しています」と述べています。

アラスカ航空マーケティング部門ディレクターのマーク・ボッチ氏は、「アラスカ航空も海南航空と同じく、地方の一航空会社からグローバルな航空会社に成長しました。両社とも、サービスを最優先する経営理念を追求し続けています。中国のお客様に北米でもご利用になれるサービスを提供できることを、たいへん光栄に思います」と語っています。

アラスカ航空のネットワークは、米国、カナダ、メキシコの100以上の都市をカバーしています。アラスカ航空は、2008年から2015年まで連続8年間、J. D.パワー社の北米航空会社を対象にした顧客満足度調査で『最も顧客満足度が高い従来型航空会社』に位置づけられています」。アラスカ航空のマイレージプログラム「Mileage Plan」は、2014年と2015年のJ. D.パワーのマイレージプログラム調査で「最も顧客満足度が高い航空会社のロイヤルティプログラム」との評価を受けています。海南航空の中国全土からアジア、ヨーロッパ、北米に広がる路線ネットワークは、アラスカ航空の強みを補完するものであり、お客様の旅行はさらに簡単で便利になります。

海南航空は2015年に北京 - サンノゼ線、上海 - ボストン線、上海 - シアトル線の北米3路線を就航させ、2016年1月には長沙 - ロサンゼルス線を就航させました。これで運行している北米路線は8路線になります。また、2016年には北京 - テルアビブ線、北京 - マンチェスター線、北京 - カルガリー線など、多数の国際線を就航させる計画があります。このたびのアラスカ航空とのマイレージプログラム提携により、金鵬会員が北米地区でマイルを加算できるルートが大幅に増加します。また、多くのお客様や会員様にとって航空ネットワークの選択肢や会員特典がより充実することになります。



On November 11, 2015, a promotion meeting for new Hainan Airlines international air routes was held at the Westin Xi'an, announcing the three nonstop flights from Xi'an to Rome, Sydney and Tokyo to be inaugurated in December. The event laid a foundation for the upcoming sales of these markets.

Hu Yi, Director of the Marketing Department of Hainan Airlines, delivered an opening speech. He briefed the guests on the basic information of the three new international air routes, and also proposed to strengthen the cooperation between Hainan Airlines and the local channels of Xi'an, with a view to emphatically solving the concerns and challenges in the front-line sales of these channels, effectively making it more convenient for the residents of Xi'an to enjoy outbound tourism. Joint efforts will be made to build Xi'an into an important international hub in Northwest China.

Following Mr. Hu, various staff members of the Xi'an Office gave a detailed introduction to the schedules, aircraft, flight schedule and destination airports of the three new international air routes, as well as the current network of Hainan Airlines' international air routes and a series of international products designed accordingly.

This successful promotion meeting provided good publicity to the new international air routes from Xi'an and promoted the local channels of Xi'an to obtain more detailed and accurate information on our new non-stop flights and effectively pushing forward the upcoming sales work.

There was also a hot Lucky Draw activity during the promotion meeting. Those winners went up to greet and take pictures with the Management, adding to the harmony and joyfulness of the meeting. Finally, all the guests present joined in a toast to a great success in the sales of the three direct international flights and a better future! 

Hu Yi, Director of the Marketing Department of Hainan Airlines, delivered an opening speech

 

Guests at the promotion meeting

 

2015年10月24日:現地時間10月23日午後、英国マンチェスターで海南航空は2016年6月の北京 - マンチェスター線の就航を発表しました。この路線は、両都市をつなぐ初めての直行路線となります。キャメロン英国首相とともにマンチェスター空港に到着した習近平国家主席は、海南航空の北京 - マンチェスター線の就航に関する説明を受け、挨拶を述べました。

習近平主席は、近い将来、中英間の貿易や投資を通じた協力が大きな成果を生むことになると強調しました。中国海南航空の北京とマンチェスターを結ぶ直行便は、両都市、両国の新しい架け橋となります。中国側も英国側も、両者の協力によるインフラ建設の新しいアイデア、新しい取り組みをさらに追求し、両国がともに発展していくための基盤を築いていきます。

海航グループ董事局主席の陳峰は、「海南航空は中国で成長し、世界的企業へと邁進する企業として『一帯一路』の建設に積極的に参与するため、ここ数年で多数の中国からヨーロッパへの直行便を相次いで就航させました。本日発表した北京 - マンチェスター線の就航が、また新たな空の架け橋となると信じています」と語りました。

マンチェスター・エアポート・グループCEOのチャーリー・コーニッシュ氏は、海南航空の新路線就航に対する歓迎とお祝いの言葉を述べ、次のように語りました。「海南航空とともに北京 - マンチェスター線の就航を大々的に発表する席に同席できたことを光栄に思います。新たに就航する路線により、英国には2.5億ポンドを超える規模の経済効果が期待されます。マンチェスターは、英国の『北部振興』計画における世界との窓口に位置付けられています。海南航空の新路線により、英国北部地区への中国からの投資者は増えることになり、また、両国の良好な協力関係の構築が移動面で支えられることになるでしょう」。

このたびの記者会見は、習近平主席の英国訪問における最後の公式行事でした。海南航空による北京 - マンチェスター線就航は、習主席の訪英に大きな成果を付け加えることになりました。

北京 - マンチェスター線は、海南航空が今年相次いで就航させた重慶 - ローマ線、北京 - サンノゼ線、上海 - ボストン線、上海 - シアトル線、北京 - プラハ線の5路線に続く重要路線で、これにより、国際路線ネットワークがさらに充実します。今後も海南航空は国際路線を続々と就航させます。海南航空の充実した路線ネットワークと、マンチェスター・エアポート・グループをはじめとする世界中の提携パートナーを通じて、お客様は中国や世界の大都市により便利にアクセスできるようになります。

海南航空北京 - マンチェスター線時刻表(出発時間と到着時間はすべて現地時間です)

 

便名 出発地 出発時間 目的地 到着時間 運行日
HU7903 北京 01:45 マンチェスター 06:05 毎週月/水/金/土曜日
HU7904 マンチェスター 12:00 北京 05:25+1 毎週月/水/金/土曜日

習近平主席が英国マンチェスター空港で2016年の海南空港北京 - マンチェスター線の就航を発表

写真1:習近平主席が英国マンチェスター空港で2016年の海南空港北京 - マンチェスター線の就航を発表(提供:マンチェスター・エアポート・グループ)

 

習近平主席、キャメロン首相、海航グループ董事局主席陳峰、マンチェスター・エアポート・グループCEOチャーリー・コーニッシュ氏をはじめとする来賓の集合写真

写真2:習近平主席、キャメロン首相、海航グループ董事局主席陳峰(左から2番目)、マンチェスター・エアポート・グループCEOチャーリー・コーニッシュ氏(右端)をはじめとする来賓の集合写真(提供:マンチェスター・エアポート・グループ)

 

海航グループ董事局主席陳峰、海南航空総裁謝皓明がマンチェスター・エアポート・グループCEOチャーリー・コーニッシュ氏に海南航空機の模型を贈呈

写真3:海航グループ董事局主席陳峰(左から3番目)、海南航空総裁謝皓明(右から3番目)がマンチェスター・エアポート・グループCEOチャーリー・コーニッシュ氏(左から4番目)に海南航空機の模型を贈呈

 

 

現地時間10月20日夜、海南航空とアラスカ航空は、シアトルのウィングルーク博物館でマイレージプログラムでの両社の提携が実現したことを祝う祝賀会を開催しました。会には、前米国駐中大使のゲイリー・フェイ・ロック氏、シアトル市長エド・マレー氏、前ベルビュー市長コンラッド・リー氏をはじめとする180人の現地政財界の要人、海南航空副総裁の侯偉、アラスカ航空CEOのブラッド・ティルデン氏などがゲストとして参加しました。

海南航空とアラスカ航空は、双方ともにこのマイレージプログラム提携を重視していて、提携は順調に進んでいます。まず2015年7月22日にはマイレージの相互積算が実現し、両社のマイレージ会員はどちらが運行するフライトでも獲得したマイルを加算できるようになりました。その後も、ポイント交換やVIP会員特典の共有などが続々と実現する予定です。

海南航空副総裁の侯偉は、次のように述べています。「海南航空は2008年に初の米中直行便となる北京 - シアトル線を就航させて以来、中国と米国を結ぶ高品質な空の架け橋となるべく、注力し続けてきました。現在、海南航空が運行している北米路線は7路線になりました。このたびの海南航空とアラスカ航空のマイレージプログラム提携により、両社の中国および北米地域の路線ネットワークは拡大し、海南航空の金鵬(Fortune Wings)会員とアラスカ航空の会員の路線選択の幅が広がり、また、いっそう快適なサービスを享受できるようになります。

アラスカ航空のネットワークは、米国、カナダ、メキシコの100以上の都市をカバーしています。アラスカ航空は、2008年から2015年まで連続8年間、J. D.パワー社の北米航空会社を対象にした顧客満足度調査で『最も顧客満足度が高い従来型航空会社』に位置づけられています」。アラスカ航空のマイレージプログラム「Mileage Plan」は、2014年と2015年のJ. D.パワーのマイレージプログラム調査で「最も顧客満足度が高い航空会社のロイヤルティプログラム」との評価を受けています。海南航空の中国全土からアジア、ヨーロッパ、北米に広がる路線ネットワークは、アラスカ航空の強みを補完するものであり、お客様の旅行はさらに簡単で便利になります。

海南航空は今年、北京 - サンノゼ線、上海 - ボストン線、上海 - シアトル線の北米3路線を就航させ、運行している北米路線は合わせて7路線になりました。このたびのアラスカ航空とのマイレージプログラム提携により、金鵬会員が北米地区でマイルを加算できるルートが大幅に増加します。また、これにより両社の互恵的な友好関係の基盤が固まり、今後のマイル相互交換やVIP会員特典の共有などのタイアップも期待されます。

 

海南航空副総裁の侯偉とアラスカ航空CEOのブラッド・ティルデン氏と両社クルーの集合写真

写真1:海南航空副総裁の侯偉とアラスカ航空CEOのブラッド・ティルデン氏と両社クルーの集合写真

 

一緒に大きなフォーチュンクッキーに入刀する前米国駐中大使のゲイリー・フェイ・ロック氏、海南航空副総裁の侯偉、アラスカ航空CEOのブラッド・ティルデン氏

写真2:一緒に大きなフォーチュンクッキーに入刀する前米国駐中大使のゲイリー・フェイ・ロック氏、海南航空副総裁の侯偉、アラスカ航空CEOのブラッド・ティルデン氏

 

 

1月10日夜、北京国家大劇院で海南航空が輝いた「スカイトラックス社認定5スターエアライン」の授賞式が盛大に行われました。授賞式では、スカイトラックス社CEOのエドワード・プレイステッド氏から海南航空総裁の王英明へ「5スターエアライン」のトロフィーと証明書が授与されました。これで海南航空は、世界で7社しかない5スターエアラインに正式に加わることになります。

業界関係者の紹介によると、スカイトラックス社は1989年に創設され、ロンドンに本社を置く航空サービス格付け調査会社です。毎年スカイトラックス社は世界中の200以上の航空会社を対象に、空港と機内のサービス品質についてあらゆる角度から審査と評価を行い、その結果を「1スター」から「5スター」(「5スター」が最高)の5段階で格付けしています。

1993年に開業した海南航空は、2009年には中国本土初の4スターエアラインに選ばれていました。スカイトラックス社の各種評価基準に照らした社内改革を進める中で、海南航空は「東洋の接客スタイル」を継承しつつ、国際的なレベルに到達するべく、多角的な取り組みを通じてまったく新しい国際的なサービスブランドを構築し、「迅速、気配り、最上」をブランドのコアバリューとして打ち出しました。お客さまのニーズに応えることを第一とし、さらに海南航空独自のカラーに磨きをかけるため、グランドサービス、客室サービス、機内食、機内エンターテイメントなどを通じて、お客様が本当に求めていることにプロアクティブに対応しつつ、自社のブランド理念を広めています。わずか1年にして、海南航空は4スターから5スターへの躍進を実現しました。

「スカイトラックス社認定5スターエアライン」授賞式で、海航グループ董事長の陳峰は、「海南航空は光栄にもスカイトラックス社の5スターエアラインに選ばれ、ワールドクラスの航空輸送ブランドに肩を並べることができました。これで海南航空を世界的なブランドにするという目標が果たされ、さらに、中国人によるワールドクラスの航空ブランドという100年来の夢が実現しました」と述べています。

海南航空が民間航空会社の「オスカー」を受賞したことは、会社単体としての名誉にとどまりません。航空業界において言えば、海南航空の受賞は、中国の民間航空業界が民間航空大国から民間航空強国への移行を完了させたことを意味します。国家レベルにおいて言えば、海南航空によるスカイトラックス社認定の5スターの獲得は「東洋式サービス」の優れたモデルとなるものであり、東洋的なアプローチによる接客システムとトップクラスの航空サービスブランドの構築に向かって第一歩を踏み出した、中国のソフトパワー向上を象徴する重要な出来事でした。


2013年10月1日、旅行業界のオスカー賞とも称されるWTA(ワールド・トラベル・アワード)の第20回アジア大会がドバイで開催され、23万人の業界選考委員と乗客の投票により、海南航空股份有限公司(以下「海南航空」)が、WTAアジア地区の「最も素晴らしいエコノミークラス」に選ばれました。

現地時間の19時に、2013年のWTA授賞式がアナンタラ・ザ・パーム・ドバイ・リゾートで開催されました。授賞式には海南航空客室サービス部門総経理の徐飛が出席し、受賞のコメントとして次のように述べました。「海南航空を代表してこの授賞式の場に立っていることを光栄に思うとともに、選考委員と乗客の皆様の海南航空に対する支持と信頼に、この上なく感謝いたします。当社は『SMILE』の理念を徹底し、乗客の皆様にどこまでも快適な5つ星のサービスとフライト体験を提供することに力を注いでいます。世界中の皆様のご利用をお待ち申し上げます」。

WTAの理事長兼創設者のグラハム・E・クック氏は、海南航空へのお祝いの言葉として、「海南航空は一貫して卓越したエアラインであることを追求し続けています。この1年間の海南航空の優れたパフォーマンスは選考委員も全会一致で認めるところです。海南航空には、このまま努力を続けていただき、より多くのお客様にその温かく、行き届いたサービスを体験していただきたいと思います」と述べています。


海南航空が2013年WTA「アジア地区で最も素晴らしいエコノミークラス」大賞に輝く

海南航空が2013年WTA「アジア地区で最も素晴らしいエコノミークラス」大賞に輝く


海南航空は、アシアナ航空、マレーシア航空、日本航空といった、錚々たるライバルを抑えて最終的にWTAの「アジア地区で最も素晴らしいエコノミークラス」の栄誉に輝きました。過去には、ルフトハンザ航空、ヴァージン・アトランティック航空、アメリカン航空、スイス航空、キャセイパシフィック航空もこの賞を獲得しています。他にも海南航空は、WTAの世界で最も素晴らしいエアライン、世界で最も素晴らしいビジネスクラス、世界で最も素晴らしいエコノミークラスの3部門にノミネートされました。

海南航空の客室サービス部門担当者によると、快適で温もりにあふれた機内サービスが、今回海南航空が受賞した最大の要因です。海南航空は、常に「SMILE」の理念にのっとって、より親密で快適な機内サービス、笑顔の連鎖、心と心の交流を提供し、お客様にいっそう上質で親切なフライト体験をしていただくことに力を注いでいます。「SMILE」の理念とは、海南航空のサービス精神の中核をなすもので、安全な定時運航(Safety & Punctuality)、東洋のエレガンス(Manners & Elegance)、革新と情熱(Innovation & Passion)、リーダーシップとチームワーク(Leadership & Teamwork)、平等と仁愛(Equality & Love)のそれぞれの頭文字を表しています。


メディアの取材を受ける海南航空客室サービス部門総経理の徐飛

メディアの取材を受ける海南航空客室サービス部門総経理の徐飛


WTA(ワールド・トラベル・アワード)は、全世界の旅行業界における優れた業者や観光地を発掘、表彰するために1993年に設立されました。世界中の旅行、観光、航空業界の専門家や旅行客の投票により、最も素晴らしいホテル、最も素晴らしい航空会社、最も優れた旅行会社など数十の部門の受賞者が決まります。世界中の誰もが認める旅行業界最高の名誉で、業界内では「旅行業界のオスカー賞」と言われています。

海南航空は、今年4月にはその優れたサービスにより3回連続で「スカイラックス社認定5スターエアライン」に選ばれ、8月には海南航空が機内で提供しているシャンパンと赤ワインが、世界的に有名な旅行雑誌『Global Traveler』で、それぞれファーストクラスのシャンパン部門で金賞、ファーストクラスおよびビジネスクラスの赤ワイン部門で金賞に選ばれました。海南航空は世界で7社しかない、そして中国本土では唯一の、スカイトラックス社認定の5スターエアラインです。自社のサービス水準向上に関する絶え間ない努力により、その質の高いサービスは国内外のお客様が知るところとなっています。

 

2013年8月15日午後、海南航空股份有限公司(Hainan Airlines、以下「海南航空」、証券コード600221)は北京マリオットホテルノースイーストにて、「チェンジ・フォー・グッド(零聚愛心)」キャンペーンの調印式と開始式を滞りなく挙行しました。これにより海南航空は、中国本土の航空会社としては初めて、国際連合児童基金(UNICEF)のチェンジ・フォー・グッド基金に加盟することになりました。海南航空は今後5年間、機内や空港ラウンジなどで募金を募り、その全額をUNICEFが中国や世界中で展開する公益事業を支援するために寄付します。寄付金は、貧困児童の生活を改善し、彼らの可能性を最大限に発揮する機会を与えるために使われます。

午後14時30分、UNICEF駐中代表のジリアン・メルソップ氏、海航グループ執行副総裁の朱衛軍、海南航空董事長の陳明、海航通匯貨幣総裁の恵成昆、ニュースメディア、海南航空従業員代表など50人が北京マリオットホテルノースイーストのバンケットホールに集まり、調印式と開始式に参加しました。

海南航空董事長の陳明が最初に式辞を述べました。「海南航空は20年にわたる努力により、5つ星のサービス品質と安全運行記録を打ち立てました。ここで20年間積み上げてきた成果を、感謝とともに社会に還元いたします。このたび海南航空は、中国本土の航空会社としては初めて、国際連合児童基金に協力してチェンジ・フォー・グッド機内募金プログラムに参加することになりました。今後も引き続き、中国と全世界の子どもたちの福祉水準の向上に注目し、尽力してまいります。これは海南航空が、企業が果たすべき社会的責任の履行において、新たに着実な一歩を踏み出したことを意味します」。

合意内容に基づいて、海南航空は5年間で少なくとも1,000万元の寄付金を集めて、UNICEFが中国や世界中で展開する活動を支援します。海南航空はチェンジ・フォー・グッド機内募金プログラムを、まずは9月1日から北京 - 海口線で試験的に開始します。3ヵ月後には北京 - 広州線、北京 - 深セン線、北京 - 三亜線、海口 - 浦東線などの国内主力路線と空港の自社ラウンジへと徐々に範囲を広げていき、プログラムの定着を待って国際線でも実施します。

「このたび海南航空は、国際的な影響力と社会的信頼性を備えた国際連合児童基金を提携相手に選びました。寄付金を、子どもたちが何よりも必要としていることに、1元たりとも無駄にすることなく使っていただきたいからです。また、当社は皆さんに海南航空のチェンジ・フォー・グッド機内募金キャンペーンへの参加を呼びかけ、皆さんとともに子どもたちの健全な成長を見守り、子どもたちの生活をより良いものにするためにできる限りのことをしていきたいと思います」とは、海南航空董事長の陳明が記者に対して語った言葉です。

UNICEF駐中代表のジリアン・メルソップ氏は、チェンジ・フォー・グッド基金への加盟に賛辞を表明し、海南航空が積極的に社会的責任を果たし、公益事業を通じた社会への利益還元に参与することが、UNICEFと企業による協力の1つの見本になるだろうと述べています。海南航空がより多くの人びとの規範となり、それを通じて中国人の意識が向上し、中国の子どもたちの生活が改善され、その能力を存分に発揮できるようになることを願っています。

式では、UNICEF駐中代表のジリアン・メルソップ氏から特別に、海南航空に「中国航空業界初のUNICEFチェンジ・フォー・グッド協力企業」を記念するプレートが贈呈され、海南航空の児童向け公益事業への貢献に対する感謝が述べられました。

式の最後には、未来を象徴するLEDの「小さな苗」に、幹部やゲストが世話をし、水を上げました。「小さな苗」はすくすくと成長し、緑色の希望の光を出して会場全体を照らし、式は新たなクライマックスを迎えました。そしてここから、海南航空の「チェンジ・フォー・グッド(零聚愛心)」機内募金キャンペーンが正式に始まったのです。

資料によると、チェンジ・フォー・グッドはUNICEFと国際航空業界による革新的なコラボレーションです。1991年に開始されたこの活動は、UNICEFで最も知名度が高く、長続きしている協力形態の1つです。乗客に機内で募金を募り、UNICEFが貧困児童の生活を改善するために世界の150ヵ国以上の発展途上国で展開しているプロジェクトの資金として寄付します。この活動には、アメリカン航空、アリタリア航空、キャセイパシフィック航空など11社の航空会社が続々と参加し、1.2億ドルを超える寄付金が集まっています。

海南航空は1993年の初就航以来現在に至るまで「社会のために何かをし、他人のために何かをする」という企業理念を忠実に守り、社会的責任を果たし、感謝の気持ちを社会に還元してきました。2012年12月31日までの間に海南航空は、自然災害の被災地、貧困地区、障害者連合会、慈善総会、赤十字、青少年発展基金会、婦女発展基金会、中華見義勇為基金会、環境保護協会といった地域、組織、個人に対して8億元を超える規模の寄付や寄贈を行っています。

 

2013年7月4日、米国サウスカロライナ州ノースチャールストン:本日、ボーイング社と海南航空は、海南航空への最初の787ドリームライナーの納入式を行いました。海南航空は、全10機の787ドリームライナーを発注しています。

海南航空副董事長牟偉剛は次のように述べています。「787はその卓越した性能とデザインコンセプトにより、世界中の航空会社から人気を博していて、世界で最も先進的な機体の1つです。海南航空が中国の航空会社としては2番目に、この機体を運行できる運びとなったことを非常に嬉しく思います。海南航空では、まずは北京 - 海口線の国内線に787を投入し、その後北京 - シカゴ線、北京 - トロント線、北京 - シアトル線などの北米路線に順次投入し、世界中のお客様に『東方の美』の5つ星サービスを提供していく予定です」。

ボーイング787ドリームライナーはさまざまな新しいテクノロジーを採用した最新の機体です。787ドリームライナーは、空気の清浄度が向上し、客室の天井が低くなり、客室の湿度も高くなっています。また、透過光量を電子的に調整できる窓が大きくなり、頭上の荷物棚のスペースも大きくなっているなど、航空会社には運用上の多くのメリットをもたらし、お客様にはこれまでにないほどの快適さを提供できます。ボーイング787は、中型機サイズとしては初めての大型機レベルの超長航路に対応できる機体で、航空会社はお客様のニーズが高い直行路線を拡充できます。

ボーイング民間航空機グループ東北アジア販売上級副社長のイーサン・ムニール氏は、「ボーイングは、海南航空との長期的提携関係の1つのマイルストーンをこうしてともに祝えることを嬉しく思います。海南航空が当社に寄せる信頼に感謝します。また、当社は787の比類なき効率性と柔軟性が、海南航空の国際航空市場における競争力の向上に貢献すると信じています」と述べています。

海南航空の787の座席数はすべて213席で、うちビジネスクラスが36席、ビジネスクラスが177席になります。ビジネスクラスは2-2-2の座席配列を採用しています。シートは180度リクライニングできるフルフラットタイプで、シートピッチは2.4mという、ゆとりある空間になっています。またエコノミークラスは3-3-3の配列と、アップグレードした広くて快適なシートを全席に採用しています。また、15インチの個人用エンターテイメントテレビと電源コンセントを配備し、ビジネスクラスにはUSBポートも配備します。

海南航空は中国第4の航空会社で、現時点で3年連続スカイトラックス社認定の5スターエアラインの称号を獲得しています。海南航空が現在運用している機体のうちボーイング機は106機あり、その路線ネットワークは中国全土とアジア各地で運用しており、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカまで広がり、国内外の約500路線に就航しています。